FC2ブログ

ゾンビ/Unity/あと何か

ゾンビや気になったオカルトネタ、Unityでのゲーム制作についてつづるブログです。

月にエイリアンの基地があるって言うから…









アポロ20が月で異星人の遺体を拾ってきたというコンセプトの動画。

この動画、大好き。
こんな美人がいっぱいいるなら、月に行きたくなってしまう。
テレパシーでコミュニケーションするらしいから、嘘も虚飾もない付き合いができるし最高です。
そりゃあ、かぐや姫をめぐって男どもが争うわけだわw

アポロ計画はアポロ17で終わってて、続く18と20も計画はされていたけど、理由は分からないけどキャンセルされた(冷戦下でソ連より先に有人探査に成功したし、お目当てのデータやら物やらを入手できたので、続ける理由がなくなったんだろうと思う)。
だから、アポロ20なんてないんだけど、「実はアポロ計画は密かに続けられていた」って、この動画は言いたいようだ。

月には異星人の基地が山のようにあって、アメリカもロシア(当時はソ連)もそれを知ってるのに隠してるっていう話がある。
アポロ計画で月へ行った宇宙飛行士達は、大量に月の写真を撮影し、映像を記録して持ち帰って来ている。
それらはNASAに保管されているんだけど、全ての写真と映像を閲覧できるのは、ごく限られた一部の人だけらしい。

もし、その中に、月に異星人の基地があるっていう証拠になるようなものがあるんだったら、見たいじゃん?

で、実際のところ、NASAで一般公開されていない写真と動画を閲覧して、一部のコピーを入手した日本人がいる

この話を続ける前に、アポロ計画の有名な陰謀論があるので、それについて私の立場を明確にしておきたい。

アポロは月に行ってる(断言)

理由 月に行った証拠が山のようにあるから、行ってないって言う気すら起きない。

最初はいろいろ理由を書いたんだけど、ウィキペディアにまとめられてたから、そのリンクを張るにとどめる。

アポロ計画陰謀論
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9D%E3%83%AD%E8%A8%88%E7%94%BB%E9%99%B0%E8%AC%80%E8%AB%96

月と地球の距離を計測するプリズムはコーナーキューブっていうんだって
https://www.global-optosigma.com/jp/Catalogs/gno/?from=page&pnoname=CCB&ccode=W3126&dcode=&gnoname=CCB-15


もうひとつ、月に異星人の基地があるという話について、私の立場は

どっちでもいい

それが事実だったとしても、誰かの妄言だったとしても、私は何も困らないからどっちでもいい。

話を戻すと、NASAの一般公開されてない写真と映像のコピーを入手した日本人は コンノケンイチ さん。
空間物理を専攻する科学者で、サイエンスコピーライターと会社経営を兼業していた方。
何冊も著書を出版されていて、その著書にNASAが一般公開していない写真と映像が収録されている。

月に異星人の基地があろうとなかろうと、どっちでもいいんだけど、一般人では入手困難な写真を見ることができるという意味で、資料的価値はあると思う。

一般公開されている画像、映像、音声は、NASA Image and Video Library で閲覧可能。

月には異星人の基地があると主張するエハン・デラヴィー氏がエハン塾でコンノケンイチ氏をお勧めしていたので、

「ソースを確認しないことには判断できん!」

と思い、アマゾンでコンノケンイチ氏の著書を何冊か購入するに至った。
購入したのは以下の本。





コンノケンイチ氏について扱っているエハン塾の講義


エハン塾は好きで見ている。
エハン氏の主張とは意見が合わないところが多いんだけども、色んなネタを提供してくれるエハン塾には感謝している。


で、コンノ氏の著書を拝読した結果、月に異星人の基地があると断言できる写真はなかった。


私は自分の目でソースを確認して、「これじゃわかんねーよ」と思ったので、コンノ氏の著書に収録されている写真を見た限りで、月に異星人の基地があるとは言えないと主張する。
ない…と断言するにも証拠がないので、ある、にしろ、ない、にしろ、そんな証拠があるならぜひ教えてほしいです。
今の段階だと「わからない」としか言えない。

ソースを確認した証拠として、コンノ氏の著書に掲載されている写真の一部をスマホのカメラで撮影したので、以下に貼り付けておきます。
これだけじゃよく分からないと思うので、ちゃんとしたものを見たい方は、コンノ氏の著書を購入するのが手っ取り早いと思う。

20180608_170021.jpg
AS8-14-2452(NASA非公開の画像)
人工物があるところを白い枠で囲んでいる。
本を手に取って目を凝らしてみても、人工物かどうか、よく分からない。

20180608_170343.jpg
AS17-3081(NASA非公開の画像)
人工的に掘削した跡と本に書かれている。
同じページで「月では火山活動があった」と書いているにも関わらず、火山活動でできた地形ではなく、人工物と断言している理由を一切説明してない。

20180608_170145.jpg
V-163-M(NASA非公開の画像)
これはアポロではなく、アポロの前に飛ばした無人探査機ルナオービターが撮影した写真。
この写真は国立国会図書館NASA資料室にもあり、そっちでは画像が修正されていると書かれている。
修正前と修正後の写真と、その個所を並べて比較したもの。
クレーターの側面にある光?のようなものが黒く塗りつぶされていたり、一部の地形にボカシと黒い影が足されているのが分かる。
無修正で公開するのが憚られる(はばかられる)ようなものが写っていたようだが、何でこんな修正したのか?真意は不明。
これを人工物があった証拠とするのは飛躍しすぎ。

20180608_170710.jpg
AS-15-87-11875(NASA非公開の画像)
アポロが月で船外活動をしている様子を撮影した写真(上)。上空に青い発光体がある。
これと同じ発光体が、月着陸時の写真(AS-15-87-11708)(下)にも写っている。
アポロ内部か、アポロに取り付けられたカメラから撮影したんだと思うけど、被写体は違うのに、なんで写真の同じ位置(右上)に同じ発光体が写ってるの?って思う。これが移動するものなら、真ん中とか左に写っててもいい。この光はカメラのフレームの右上にしか写らないものなんじゃないの?という疑問が浮かぶ。
といっても、この発光体が写ってる写真が2枚しかないから、これが何かの反射なのか、月の上空に出現した発光体なのか判断できない。


コンノ氏の著書を読んだ限りだと、月にエイリアンの基地があるのかどうかは分からなかったが、少なくとも以下のことは分かった。

1.月には移動したり点滅する発光体が頻繁に出現する。
2.人が月に行くと直感が鋭くなったり、人生観が変わったりする。

発光体がエイリアンによるものなのか、月で起きる自然現象なのかは不明。

直感が鋭くなるとか、人生観が変わるというのは、月へ行った宇宙飛行士の証言や、その後の活動で分かる。
それが月にいるエイリアンによるものなのか、地球と全く違う環境で脳が興奮し活性化したものによるのかは不明。

正直、どっちでもいい。


NASAは「全ての資料を1時間閲覧できる券」を1000ドルとかで販売すれば大儲けできるんじゃね?




※2018/10/20追記

月の発光現象について説明している番組があったので、貼り付けておきます。



原因は以下の2つ
1.太陽光の反射
2.月の地中から出ているラドンガスが太陽風で引火

宇宙人がどうこうって話は、宇宙人が月にいるという証拠がないので(少なくとも私が目にした証拠と呼ばれているものを見た限り、どれも証拠と呼べるレベルのものではなかった)、月に宇宙人がいることを証明できないなら無視します。
月に宇宙人がいても何も困らないし、いなくても困らないので、どっちでもいいです。論より証拠です。
スポンサーサイト



0 Comments

Add your comment