ゾンビとUnityとUE4

ゾンビネタとUnity/UE4でのゲーム制作についてつづるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゾンビ祭Part24

アウトブレイク ライジング[DVD]

原題は Germ または Germ Z

Germ Z - Wikipedia

germ は細菌や病原菌という意味で、原題は非常に分かりやすい。

Fangoria から2013年4月にアメリカでリリース
予算は推定80万ドル(USD)。

最近の映画なんだけど、びっくりするほど情報がない。
内容はよくあるゾンビ物なだけに、まったく話題にならなかったようだ。

製作・脚本は J.T. Boone
監督は John Craddock

一瞬なのと遠目から撮影しているので誰が誰だか分からないが、J.T.Boone 氏はヨガのインストラクターとして出演もしている。


基本に忠実なのは良い事

正直、未知の病原体に侵された病人が人を襲うだけなのでゾンビ映画だとは思えないが、パニック物、サバイバル物として観れば面白い。

映画ではある仮説が取り上げられている。
隕石や彗星が地球にバクテリアを運んできて、それで生物が進化したという仮説。
この仮説は映画の中だけではなく実際にあるもので、それが可能かどうかの実験も行われている。

地球の生命は彗星によってもたらされた
http://jp.sputniknews.com/japanese.ruvr.ru/2014_11_25/280481309/

カルト映画のスペース・ゾンビOZONE!も、当時では最新の科学ネタ、オゾンホールを題材にしたものだ。

ゾンビ化の原因はオランダ初のゾンビ映画「ゾンビ・クエスト」と全く同じ。
ゾンビ・クエスト(原題は Zombibi または Zombi Kill!)は2012年にリリースされているので、ゾンビ・クエストの方が先。
日本でDVDがリリースされたのは2014年。予算も30万ドルと、この映画より低く、コメディー満載で楽しめる。
この映画も悪くはないと思うが、ゾンビ・クエストを観る方がより楽しい時間を過ごせると思う。


感想

犯罪とは無縁の緑豊かな田舎町が一日で地獄に変わってしまう。
のんびりとした日常から、徐々に地獄絵図へと変わっていく様子がきちんと描かれている。
時間が経つと頭が破裂するという新しい要素もあるので、ネット界隈で酷評されているほどダメな映画だとは思わない。
そして、ゾンビアポカリプスが起きた時の備えとして、一番重要なことに気づかせてくれる映画でもある。
最も重要なことは、ヤツらから逃げ切るために、長時間疾走できる体力をつけておくこと。

待ってりゃ感染者は勝手に死ぬわけだから、救いのある映画だね。

評価 ★★★☆☆
 
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。