ゾンビとUnityとUE4

ゾンビネタとUnity/UE4でのゲーム制作についてつづるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゾンビドラッグ

2012年に起きた色々とおかしな事件です。
マイアミ人食い事件なんて言われたりしていますが、結局のところ原因は分かっていません。

http://en.wikipedia.org/wiki/Miami_cannibal_attack



ある番組の都市伝説のコーナーで、カンニング竹山氏がこの事件をネタとして扱っています。

カンニング竹山氏の話では、加害者は18分間銃弾を受け続けたとありますが、間違いです。

襲撃の様子は一部始終が防犯カメラに録画されていました。
動画サイトで探せば、今(2014/04/24現在)でも見つけることができます。
襲撃が始まって、通報を受けたパトカーから警官ひとりが出てきて、加害者が射殺されるまでが18分です。

普通に考えて、警官ひとりで18分も撃ち続けるのは不可能です。

どれだけの銃弾が必要でしょうか?
警官がそんなに大量の銃弾を所持しているでしょうか?

実際に撃ったのは6発です。
逆に言うと、6発撃たなければ制止できなかったんですね。

加害者の胃の中に大量の錠剤が残っていたということで、何かの薬を多く服用したことは分かっています。
ただ、その錠剤が何なのか?が分かっていません。
警察は「おそらくバスソルトだろう」と発表しましたが、断定できていません。

きちんと検査した結果、加害者の血液からマリファナの成分が検出されたので、マリファナを服用していたことが分かっています。

マリファナは大麻から作る麻薬です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/大麻

マリファナはダウン系の麻薬と良く言われるのですが、ウィキペディアを見ると違います。
服用する量で効果が変ります。
該当部分を引用します。
大麻は低用量・中用量では交感神経系が優位になり、頻脈、心拍出量増加、血圧増加を起こす。高用量では逆に副交感神経系が優位になって、徐脈と血圧低下を起こす。
そこそこ服用する程度だと興奮して、沢山服用すると逆の効果が出ます。

警察が最初にバスソルトと発表したのは、ただの推測で、実際に検査したらマリファナの成分しか検出できなかったというのが事実です。
何故、バスソルトを検出できなかったのか?は、後述します。

この事件において重要なのはここです、加害者は被害者の顔の皮を歯で噛み千切っていただけで、食べてはいません。
ですから、この事件は、カニバリズムでもなければ、ゾンビでもありません。
ただ、麻薬でラリった加害者が起こした凄惨な事件です。


zombie.png

そもそもバスソルトって何?

スペースアルクでの検索結果を引用します。
bath salt
バスソルト◆風呂に入れる香料の入った浴用塩。湯を軟らかくする効果がある。
バスソルト◆通例、bath salts。カチノンを含むドラッグの総称。アンフェタミンやコカインに似た効果が得られるとされる。2011年から2012年にかけ、アメリカ国内でバスソルトを使用したことが原因とみられる事件が頻発し問題となっている。

入浴剤として販売されているデザイナーズドラッグと呼ばれる合成麻薬。
LSDや覚せい剤と似た症状が出る、低価格で入手しやすいとのことで、警察はバスソルトではないかと推測したことが分かります。
事件とは関係ないものですが、バスソルトを服用して異常に興奮している様子を録画した動画が今でも動画サイトにあります。

どうして、こんな危険な麻薬が野放しになっていたのか?
次から次へと新しい合成麻薬が出てくるため、法整備が追いつかないというのが理由のようです。

加害者の胃の中に残っていた錠剤がバスソルトだったのかも知れませんが、血液からその成分は検出されていません。
では何だったのか?


zombie.png

バスソルトは血液検査では分からない?

動画サイトで「バスソルトは追跡できない」というコメントを見ました。
本当でしょうか?

生体サンプル中のバスソルト(ピロバレロン類縁体) の測定
http://www.chem-agilent.com/appnote/pdf/5991-1607JAJP_LR.pdf

こちらのPDFが公開された日付は 2012 12/06
そのコメントの投稿は1年前となっているので、2013年の4月くらいでしょうか。
仮に、こちらのPDFが世界で最初のバスソルトの検出方法だったとしても、コメントが投稿された時点で検出方法は存在していたことになります。
おそらく、コメントの投稿者は、投稿したとき既に検出方法があったことを知らなかったんでしょう。
事件が起きたのは、コメントが投稿される約一年前の 2012/05/26 です。
PDFの日付は、事件から7ヵ月後。
ということは、事件が起きた時点では検出できなかったのかも知れません。
もし錠剤がバスソルトだったとしても、当時は血液から検出する方法がなかったという可能性が出てきました。

また、バスソルトに色々な種類があり、全て成分が違うというのであれば、検出方法も変ってくると思います。
このバスソルトは検出できるけど、このバスソルトはダメという状況もあり得ます。
いずれにしても、検出できなかった可能性があったという所は変りません。

要するに、バスソルトを検出する方法がなかったから、マリファナしか検出できなかったんじゃないかと。
非常にシンプルな理由でした。
アメリカ政府が製薬会社とグルになって、ゾンビパウダーを極秘で開発していたわけではないようですw


zombie.png

事件の最大の謎

ゾンビとは何の関係もないことが分かったので、非常に惨たらしい事件でした、合成麻薬って怖いですね。
で、終わってしまっても良いのですが、分かっていない部分をもう少し明確にしておきたいと思います。

加害者が謎の錠剤を大量に服用した理由、経緯が分かりません。

彼については英語のwikipediaに必要な情報が書かれています。
敬虔なカトリックで好青年。フットボール選手でみんなの人気者でした。
でもそれは、彼の一側面に過ぎません。
犯罪歴もあり、16歳から亡くなった31歳まで8回逮捕されています。いずれも暴行(assault)です。
離婚暦もあり、その原因となったのも彼の暴力です。
良い面もあり、悪い面もあります。

事件当日のことを彼のガールフレンドが証言しています。

'I'm going to be late. I love you and I'll be back': The last words of Miami cannibal to his girlfriend just hours before horrific attack
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2152519/Rudy-Eugene-Last-words-Miami-cannibal-girlfriend-attack-Ronald-Poppo.html

一部を翻訳して、時系列になるよう並べました。

彼は朝5:30に私を起こして、友人と会いに外出しました。
彼は家を出るとき、聖書を持って私にキスをして「じゃあね。愛してるよ。」と言いました。
「気をつけて。私も愛してるわ。」と彼に伝え、彼が開けたドアを私が閉め、鍵をかけて、また寝ました。
とても朝早くに出て行くから少し変に思いましたが、しつこく追求はしませんでした。
それから一時間後に彼から電話が来て「車が壊れた。ちょっと遅くなるけど、ちゃんと帰るから。愛してるよ。帰るからね。」と私に言いました。でも、それから二度と彼の声を聞くことはありませんでした。

この話だけを見ると、加害者がとても薬物に手を出すような人物には見えません。

ガールフレンドのこんな証言もありました。
She insists that he never used any recreational drugs besides marijuana and was even trying to quit. Eugene would refuse to take over-the-counter medication for headaches and was sweet and well-mannered, she said.

訳)
「彼は娯楽用のドラッグばかりかマリファナにも決して手を出しませんでした。彼は完全に(ドラッグだけでなく薬そのものを)絶とうとしていました。ユージーンは市販の頭痛薬すら飲むのを拒んだほどです。彼はやさしくて礼儀正しい人でした。」

ガールフレンドが本当に事実を言っているのか?は疑問です。
彼女の証言を裏付ける客観的な証拠がありません。
彼女が嘘をついている場合、その理由は自分を守るためでしょう。
ただし、彼女が嘘をついているという証拠もありません。

気になるのは、事件当日に会う約束をした友人。

加害者の仕事は車の洗車サービスでした。
独立する予定だったようです。
ということは、資金集めに苦労していたのかも知れません。

友人と会うために家を出て、約一時間後(午前6:30)に車が壊れて、その約8時間後(午後1:55)に事件が起きます。
この8時間に何があったんでしょうか?

・本当に友人と会うために外出したのか?
・友人と会っていたのなら、何の目的で会っていたのか?
・マリファナをいつ服用したのか?
・胃にあった錠剤をいつ飲んだのか?
・何故、錠剤を大量に飲んだのか?


グーグル先生に聞くと、マリファナの効果は1時間~4時間と書いているWebページをいくつか教えてくれます。
それくらいで血液から検出できなくなるとすれば、空白の8時間に服用した可能性が高いです。

錠剤が完全に消化されるのは、ものによりけりだそうで、一日かかるものもあるようです。
錠剤をいつ飲んだのか?を特定するのは難しそうです。
ただ、この手のドラッグは、すぐに効果が出ることを期待して飲むんでしょうから、すぐに消化・吸収されて薬の効果が出るように作られているはずです。
とすると、錠剤も空白の8時間で飲んだ可能性が高いです。

マリファナと錠剤を飲んだのは、おそらく、車が壊れてから事件が起きるまでの空白の8時間。
少なくとも、事件直前~4時間ほど前ではないでしょうか。

ネットでちょっと調べただけですが、分からないところが明確になりました。
もっと突っ込んで調べる場合は、これらの疑問点を手がかりに調べることができそうです(私はここで止めます)。

zombie.png


これまでの情報から判断すると、加害者は無理やりドラッグを飲まされた可能性があります。

ここから先は私の想像です。

加害者は独立する資金集めをしていて、何らかのトラブルに巻き込まれたと思われます。
彼は犯罪歴があったので、まともなところは融資してくれないでしょうし、ちょっとヤバめの人たちから金を借りようとしたのかも知れません。
事件当日に会おうとしていたのは友人ではなくて、その人たち。
車が壊れたことがきっかけでトラブルになったのかも知れません。
約束の時間に間に合わなかったとか、そんなところでしょう。

事件当日に加害者が会う予定だった「友人」について言及している記事や動画はまだ見つけられていません。



参考にしたブログなど

「人食い」ではなかった「マイアミゾンビ」 解剖の結果体内に人肉はなし、新たに薬物検出
http://news.aol.jp/2012/06/10/rudy-eugene-autopsy-no-human-flesh-stomach-pills-miami_n_1583320/

ゾンビ事件。錯乱した男がホームレスの顔面75%を食いちぎる
http://www.bllackz.com/2012/06/75.html

アメリカ、フロリダのゾンビ事件 食べられた被害者の顔写真【バスソルト】
http://matome.naver.jp/odai/2133836267781534601

合法ドラッグ「バスソルト」事件 裸の女性、犬を絞めころす
http://ameblo.jp/27543150/entry-11596133592.html
 
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。