ゾンビとUnityとUE4

ゾンビネタとUnity/UE4でのゲーム制作についてつづるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Last Stand : Dead Zone@追記もっと詳しく14/06/21

dead_zone_lv3_road.jpg

Facebookゲームには全く興味がなかったのですが、Dead Trigger 2 がそれなりに遊べたので、他のゾンビゲームも物色することにしました。
ゾンビゲーだけに絞っても探せば面白いゲームはあります。
やはり、食わず嫌いはダメですね…。

ザ・ラスト・スタンド・デッド・ゾーンは、ジャンルとしてはリアルタイムストラテジーです。
ただし、戦略が要になるといった部分はなく、あれこれ頭を使わなくてもプレイできます。
一応、オンラインゲームではありますが、ソロプレイがメインで、オンラインであることを意識することはあまりありません。

Facebookゲーム以外でもサービスしています。

KONGREGATE
http://www.kongregate.com/games/ConArtists/the-last-stand-dead-zone

Armor Games
http://armorgames.com/the-last-stand-dead-zone-game/13691

Yahoo! Games(海外)
https://games.yahoo.com/game/the-last-stand-dead-zone.html


zombie.png


ローカライズしてくれないかなぁ…

このゲームは日本語に対応していませんが、英語が分からなくてもゲームのルールは理解できます。
とはいえ、日本語でプレイしたいものです。

このゲームによく出てくる単語は Compound(コンパウンド) です。
辞書サイト「スペースアルク」での検索結果を引用します。

【2名】
〔東アジアに駐在するヨーロッパ人の〕屋敷、事務所
〔マレー半島のフェンスで囲まれた〕庭
〔塀で囲まれた〕捕虜収容所(の敷地)
〔フェンスで囲まれた〕屋敷(群)
〔アフリカの〕作業員宿舎

この中では「屋敷」が意味的に近いですが、屋敷よりも基地と訳した方がしっくりきます。

dead_zone_my_compound2.pngdead_zone_my_compound.png
基地の様子(左は昼、右は夜)。設備の位置と向きはある程度自由にレイアウトできる。


zombie.png


目的はただ生き残ること

やることは大きく分けると4つです。

1. 基地を強化する。
2. 街で資材を回収する。
3. ゾンビの攻撃から基地を守る。
4. その他


ゲームはログアウトしていても勝手に進行します。
ゲーム内の時間はリアルと同じ単位です。
待ち時間に 4d と書かれていたら、リアルで4日待つ必要があります。

1. 基地を強化する。
鉄、木材、布、様々な部品を使うことで、非常に多くの設備、装備品を作ることができます。
一度作ってそれで終わりではなく、更に資材を投入することで強化(アップグレード)できます。
強化するには、他の設備を先に強化する必要があるなど条件があるため、今ある資材と相談しながら、どの設備をどれくらい強化するか、いつ強化するかを判断しなければいけません。

2. 街で資材を回収する。
資材が足りなくなったら、街に出て拾い集めることができます。
基地の周りは全てゾンビに蹂躙されて廃墟になっています。
廃墟から使えるガラクタを拾い集め、それを資材にリサイクルするというエコ精神に満ち溢れたシステムです。
「経験値はいらないから、とっとと資材だけよこせ!」という、すぐに資材が欲しい人向けのモードも用意されています。

最初に探索する建物を選び、次に参加させるサバイバーを選択します。

deadzone_automate_mission.png
Automate Mission にチェックを入れると探索なしでアイテムを回収できる。
ただし、経験値がもらえないのと、サバイバーが基地に戻って来るまでの時間が延びる。


オフィスを探索すると、壊れたマウス、紙くず、ウォーターサーバーの水、板切れなど、探索する場所にちなんだガラクタが手に入ります。
食料が足りないから元スーパーマーケットへ行こう、布が足りないから民家のソファーカバーを引き剥がして来よう、電子部品が必要だから元ハードウェアショップへ行こう…など、目的に合った場所選びをすると効果的です。

dead_zone_searching.png

探索には何故か制限時間があり、時間切れになると探索は強制的に中断され、基地に戻されます。
基地に戻るときは、緑色の斜線が引かれたセーフゾーン(スタート時に立っているところ)に移動しておかないと、何故かダメージを受けます。

拾えるものがなくなると、画面上に SEARCHED ALL CONTAINERS と書かれたメッセージが出ます。

dead_zone_searched_all_containers.png

探索中、壁に開いた穴からゾンビがワラワラと沸いてきます。
ゾンビを倒しつつ、時間内に全てのアイテムを回収するのが理想です。
探索する場所にはレベルが設定されていて、レベルが高いほどゾンビが強力になります。
レベルの高い場所には、できるだけ沢山のサバイバーを連れて行かないと、回収すら困難です。
回収役、遠距離攻撃型、近接攻撃型(遠距離型のリロード時にカバーする)、回復役と、役割分担が必要になります。

注意が必要なのは、資材はいくらでも持てるわけではなく、storage(倉庫) の容量しか持てません。

例えば、木材なら木材倉庫(wood storage)がいっぱいになるまで持てます。
余った分の資材は電子の彼方に消えてしまいます。
私は最初、その辺がよく分かっておらず、かなりの資材を無駄にしてしまいました。
最初は基地の中と周囲にゴミの山があり、これを撤去することで沢山の資材を入手できるのですが、撤去が終わる前に資材の分だけ倉庫を空けておかないと無駄になってしまいます。

倉庫の容量を増やすには、倉庫の数を増やすこと(木・鉄・布・水・食料、それぞれ3つまで)と、倉庫をアップグレードすることの2つが必要です。

もうひとつの注意点は、Component は部品としての使い道があるので、リサイクルしない方が良いです。
アイテムにカーソルを合わせると説明が表示されます。
この説明欄に黄色い文字で Component と書かれているアイテムは、設備やアイテムを作るときの部品として使うことができます。

dead_zone_component.png


3. ゾンビの攻撃から基地を守る。

dead_zone_infected_sighted.png

条件は不明ですが(時間制?)、基地はちょいちょいゾンビに襲われます。
基地で設備をいじったり、ゴミを回収していると、突然、「ゾンビが襲ってきた。」というようなメッセージが表示されます。
設備をいじっている最中など、タイミングが悪い場合は後回しにすることができます。
ただし、ゾンビはそんなに待ってくれません。
数分経つと我慢できなくなったゾンビが攻撃して来ます。
基地の四方からゾンビ(や犬)がやって来て、サバイバーを襲います。
全てのゾンビを倒すか、全てのサバイバーが戦闘不能になることで(未検証)、ゾンビアタックは終わります。

Arm all traps...にチェックを入れると、基地に仕掛けたトラップが発動するようになります。
チェックを入れないとトラップは動きません。
発動する度に弾薬を消費したり、修理が必要になるトラップがあります。
「トラップは対人用に仕掛けたものなのに、ゾンビアタックなんかでいちいち修理の時間を取りたくない!」という場合に便利です。

4. その他
他のプレイヤーの基地を攻撃するか、アップグレード中の設備を手伝うことができます。

dead_zone_other_compound.png

前者は世紀末的ヒャッハーをしたい人向けの機能なんだと勝手に解釈しています。
ただし、自分と同じか、自分よりもレベルが高い人しか攻撃できません(弱いものイジメいくない)。
今のところプレイヤーに襲われたことはありません。
※追記
一度、襲撃を受けました。

dead_zone_RAID LOG
ログアウト中に他プレイヤーからの襲撃を受けたのですが、襲撃後はこのようにログを保存できます。
資材を一通りヒャッハーされた後、トラップワイヤーとこちらの銃撃で逝かれたようです。
トラップワイヤー使えますね。
襲撃後は(12時間だったかな?)しばらく保護されます。

※追記
ログを全て貼っていこうかと。

RAID LOG - 1RAID LOG - 2RAID LOG - 3RAID LOG - 4RAID LOG - 5RAID LOG - 6RAID LOG -7

設備を手伝うと、アップグレード時間が10分程度短縮します。
ひとつの設備につき1回だけ手伝うことができるので、アップグレード中の設備が複数あれば、その回数分、手伝うことが可能です。
手伝ってもらった御礼に手伝いに行くという、ゆるいコミュニケーションを取るもよし、そこから交友関係を深めるもよし。

dead_zone_help.png


zombie.png


仲間の健康管理も重要だ

最初はプレイヤーの分身ともいえるサバイバーひとりでゲームが開始し、仲間が増えていきます。
画面右上にある青いゲージがたまると、新しい仲間がやって来ます。
ベッドを10個まで作ることができるので、自分を入れて10人まで増えるようです。ます。

dead_zone_morale.png

仲間が増える条件はいくつかあります。
水や食料を充実させたり、バリケードやトラップを設置して基地のセキュリティを向上させたり、ベッド・シャワールーム・トイレを設置して快適に生活できるようにしなければいけません。

dead_zone_new_survivor.png

快適さはmorale という数値で表現されています。
水、食料、シャワー、トイレ、ベッド、などなど、サバイバーを快適に生活させてあげないと morale が下がります。
morale って何だろう?
「スペースアルク」からの引用。
morale
【名】
〔同じチーム・組織などに属する人たちの〕やる気、気力、士気

やる気 は、サバイバーの戦闘能力と、新しいサバイバーが基地に来るかどうかに影響します。
ゾンビアタックの最中に「欝だ氏のう…」なんて言い出されては困りますw
やる気の低下は死活問題に影響しかねないということですね。


zombie.png


資材を増やす5つの方法

1. 基地の JUNK(ゴミ) を撤去する
2. DROP OFF を作る
3. 街を探索する
4. 探索で得た JUNK をリサイクルする
5. 倉庫の容量を増やす

deadzone_666.png

1. 時間はかかりますが、かなりの資材が入手できます。
注意点は、基地の JUNK は増えません。撤去したらそれで終わりです。
そうなると、撤去するのは倉庫の容量が十分に増えるまで待った方が良いかも知れません。

2. Open Construction を開いて PRODUCTION タブをクリックすると DROP OFF の一覧が出てきます。
一定時間毎にわずかな資材が手に入ります。アップグレードすれば、入手できる数も増えます。

3. と 4. 基本です。

5. 直接資材が増えるわけではありませんが、持てる容量を増やさなければ、いくら資材を集めても無駄になってしまいます。
かなり重要です。

dead_zone_junk.png
ゴミを撤去中。大きいものだと数日かかる。


zombie.png


課金要素

サバイバーが探索から戻ってくるとき、新しい設備を作っているとき、設備をアップグレードしているとき、ゴミを撤去しているとき、負傷したサバイバーの傷を治しているとき…など、様々なシチュエーションで待ち時間が発生します。
この待ち時間を減らしたり、なくしたりするためにFuel(燃料)を消費するのですが、燃料が課金対象です。
燃料は他にも、資材を増やしたり、武器や防具を作ったり、強化するときに必要です。
燃料はリアルマネーを使わないと増えないというわけではなく、無課金でも少しずつ増やすことはできます。

また、キャラの見た目が変わるコスチュームが課金対象(直接ドルで買う)です。

時間はないけど金があってせっかちな人向けですね。
時間さえかければ、非課金でも何も困りません。
なんと良心的なゲームでしょうか。


zombie.png


リンク
The Last Stand Dead Zone Wiki(海外)
ゾンビ街サバイバルRTS The Last Stand - Dead Zone
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。