ゾンビとUnityとUE4

ゾンビネタとUnity/UE4でのゲーム制作についてつづるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゾンビ祭りPart5

たまたま購入した二本ともマヤ物だった。
ゾンビ映画界ではマヤ物って、けっこうメジャーなんだろうか?

アフリカのブードゥ教にちなんだブードゥゾンビ
キリスト教の黙示録にちなんだ黙示録ゾンビ
中米のマヤ人にちなんだマヤゾンビ
アメリカ原住民の呪いによるインディアンゾンビ
東アジアの仏教にちなんだ餓鬼ゾンビ

イスラム教のイスラムゾンビ、ユダヤ教のユダヤゾンビ、ヒンズー教のヒンズーゾンビなんかは、まだ見たことがない。
まだまだ未開拓のジャンルはあると見た。


死霊ゾンビ伝説ヘルデモンズ [DVD]死霊ゾンビ伝説ヘルデモンズ [DVD]
(2013/03/22)
ティム・サリヴァン、S・P・ソムタウ 他

商品詳細を見る

映像も音も古くて汚いが、昔のホラー映画を思い出して懐かしくなる。
フロム・ビヨンドだとか、ゴーストハンターなんかの安っぽさにワクワクする人向け。

いちいち電波でイラっとさせてくれるスピリチュアル夫婦がまさかの大活躍。
この映画の一番の難点は、ゾンビ映画じゃないところ。
古代マヤの秘術で死人が蘇ったりもするし、動く死体も出てくる。
とはいえ、ゾンビがメインの映画じゃない。

邦題の詐欺っぷりと来たらもう。

パッツンの日本人役の女の子がいつ脱ぐのかワクテカして見てた。
シゲナカって苗字はあまり聞いたことがない。でも、ないわけじゃない。
向こうの人が選ぶ苗字は、微妙なところをついてきて面白い。

ラテン系の美女が自ら服をひん剥いて、見事なおっぱいを見せ付けてくるシーンがある。
でもこれはホラー映画。それだけで済むわけがない。

いろいろ文句を言いたいところもあるけど、邦題に騙されて良かった。

★★☆☆☆ 2/5



ドーン・オブ・ザ・リビング・デッド [DVD]ドーン・オブ・ザ・リビング・デッド [DVD]
(2011/06/24)
デヴィッド・ヘヴナー、トッド・ブリッジス 他

商品詳細を見る

ドーン・オブ・ザ・リビング・デッドは原題のまま。
もっと他になかったのかっていう。

これはメンヘラ奥さんのビッチっぷりを楽しむ映画。
細かいところを気にしたら負け。

何故、一家は惨殺されたのか?という大きな謎があって、それを終盤まで引っ張る。
でも犯人はバレバレ。理由が分からないだけなんだけど、その理由があまりにも酷い。

きちんと埋葬されないマヤ人はゾンビ化するという設定。
ブレインデッドやドーン・オブ・ザ・デッド(リメイク版)にもあったゾンビの出産シーンがあるけど、今更な感じだ。

最後に出てくる幼女で養女のアマンダがカワイイ。
出てくるゾンビの数は少ないが、たまには少数と長く付き合うのもいい。

★★☆☆☆ 2/5
 
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。